付け外しが簡単で丈夫な、カメラの手首ストラップ。PeakDesign「カフ」

カメラ系周辺機材・アクセサリー

こんにちは!高山大知(@daichihandfluteです。

カメラを持っている方は、ストラップってつけてますか…?

僕も最初はカメラを買った時に付いてくるロゴ入りのストラップがカッコよくて使っていたんですが、それは今はほとんど使わなくなってしまいました…

重たいレンズを付けている時とかはストラップが必要な時もあるんですけれど、ちょっとカバンに入れるときや部屋に置いているときなんかには、外しておくか邪魔にならないモノを使いたくなったんですよね〜。

そこで僕が使い始めたのが、PeakDesign(ピークデザイン)のストラップ。
カメラ側に共通のアタッチメントを付けておくことで、いつでもストラップの付け外しが出来たり、同じピークデザイン製のストラップと付け替えることが出来るようになるモノです!

カバンの中身でもちょっと登場したんですが、望遠レンズを使う時にはちょっと丈夫な大きめのストラップを付けたり、ちょっと遊びで出かけるときなんかには小さいストラップを付けたり出来るんですよ。
しかもストラップ自体を使わないときは外しておけます。
部屋の中に置いておくときなんかはすごくいいですね。

もう一年くらい使っているんですが、ブログではまだ書いていなかったので、紹介をしてみたいと思います!

スポンサーリンク

PeakDesign Cuff

使っているのは、PeakDesign(ピークデザイン)Cuff(カフ)という、手首につけるタイプのストラップ。

0M8A0125

ピークデザインのストラップは、Slide Lite(スライドライト)という肩掛け用の大きいストラップも使っているんですが、カフは主にスナップなど気軽にカメラを持っていきたい時に使っています!

カラーはアッシュ。光沢のあるグレーのようなカラーです。
革素材のような部分には、peak designのロゴが入っています。

0M8A0128

ピークデザインのストラップは、着脱がとても簡単!
「アンカー」という名前のアタッチメントをあらかじめカメラにつけておくと、ストラップといつでも接続できるようになっているんです。

0M8A0129

切り欠きの部分からアンカーの丸い部分を入れてスライドするとカチッ!とハマります。このカチッと感がすごく癖になります!

0M8A0130

耐荷重はなんと90kg。
これを付けて望遠レンズのカメラを使ったこともあります。笑

支えるところは手首になるので、やっぱりよく使うのは軽い装備のときですね。
今はEOS RPにつけている事が多いです。
シンプルで小さいので、カバンに入れても邪魔にならないところが良いですね!

0M8A0131

輪っかの部分に手首を通して、手首自体を返すようにスッと引くと、勝手に手首に合わせて締まってくれます。
銀色の部分が移動するような感じです。

0M8A0134

このカフの特徴はもうひとつ。

この革素材の部分には、中に磁石が仕込まれています。
ここがアンカーとの接続部分と、磁力でくっつくようになっていて…

0M8A0137

ストラップだけをカメラから外して、手首にまいたままにしておけるんですよ!

0M8A0136

ちょっと別のカメラにストラップを付け替えたい時とか、カメラだけカバンに入れておきたい時とかに使えます!

付け外し自由な手首ストラップ

大体スナップ写真を撮るだけのときは、このストラップを使っています。
今使っているカメラは2台なんですが、どちらにもアンカーを付けているので、どちらにも付け替えが出来ます。

付け外しや付け替えが簡単というだけじゃなくて、すごく丈夫なのも良いですよね!
首から下げるストラップはつけたくない時でも、こういう手首ストラップを付けるだけで全然安心感が違います。

とても小さいストラップなんですが、手首に付けるという使い方なので、ちょっと手を離したい時には考えちゃうんですけどね。笑
なので、首から下げる別のストラップもまた使ってみたいなと思っています。

また何か見つけたらブログで紹介します!

RECOMMEND POSTS

野球写真を撮るときの持ち物 / カバンの中身 2022年中期版

仕事でも遊びでも。必ず持ち運ぶモノを入れたカバンの中身 / 2022

タイトルとURLをコピーしました