「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の企業や用語など、世界観をまとめてみました。

10月2日から、新作ガンダムシリーズ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」が始まりました。
今のところ、前日譚「プロローグ」と「第1話」が公開されています。

僕も観てみたんですが、とても面白いです!!!
しかし新しい世界観なので、結構分からない事がまだ多いんですね。
キャラクター同士の関係や、企業、用語などなど…
これを知っているともっと楽しめると思うので、主要そうなものをまとめてみます。

スポンサーリンク

「水星の魔女」の暦は、A.S.(アド・ステラ)。
人類が宇宙に進出して、経済を形成している時代。

本編開始は、「A.S.122年」となっています。

勢力

「水星の魔女」では、かなり多様な企業や勢力が出てきます。

ベネリットグループ

モビルスーツの製造産業最大手と言われている、複合企業。
「ベネリット社」をトップに、「ジェターク・ヘビー・マシーナリー」「ペイル・テクノロジーズ」「グラスレー・ディフェンス・システムズ」の3社で運営されています。
「デリング・レンブラン」が総裁。
物語の舞台である「アスティカシア高等専門学園」も運営。

モビルスーツ開発評議会

モビルスーツ開発を助け合うことを目的とした組織です。
「ジェターク社」「ペイル社」「グラスレー社」をはじめ、モビルスーツを製造する企業のトップたちがメンバーになっています。

「カテドラル」という監査組織が傘下についていて、「プロローグ」では組織に所属する「ドミニコス隊」という部隊が武力を行使して、「ヴァナディース機関」のラボを襲いました。

ヴァナディース機関

身体拡張技術「GUND」を研究している組織です。
「オックス・アース」から資金提供を受ける代わりに、「GUND」の軍事転用に手を貸すことになったみたいです。

「プロローグ」で登場した「ガンダム・ルブリス」を開発していたのは、ヴァナディース機関のラボです。

水星

主人公「スレッタ・マーキュリー」や、スレッタのお母さんが暮らしていたところ。
スレッタが16歳まで暮らしていたのは、水星軌道上にある「ペビ・コロンボ23」という基地です。

フロント

この世界でのコロニーのようなもの。
小惑星を基部にした、人工居住施設のことを「フロント」と呼びます。

モビルスーツ

この世界のモビルスーツについて、まだ詳しいことは描かれていないみたいなんですが、宇宙に出た人類の活動を拡張させる機械となっているみたいです。

ガンダム

この世界でのガンダムは、「GUND(ガンド)フォーマット」を搭載したモビルスーツのことを指しています。
「GUNDフォーマット」を搭載したモビルスーツの本来の呼び方は「GUND-ARM(ガンドアーム)」だそうですが、一般的には「GUNDAM(ガンダム)」と呼ばれています。
「シェルユニット」という、胸部などに内蔵された制御端末が備わっていて、GUNDフォーマットで行われる、パイロットとの情報処理・伝達を可能としています。

「ガンダム・エアリアル」などについている“ガンダム”は、正式名称なのか通称なのかがちょっとまだ分からないです。

ガンビット

GUNDフォーマットを利用した、次世代の遠隔兵器システムです。
「ビットステイヴ」という、スラスターやビーム砲を内蔵した機器を操作する事で、シールドとして扱ったり、機体に接続することが可能。
宇宙空間のほか、「第1話」ではフロント内の重力がある場所でも使用出来ています。

用語

GUND(ガンド)

「パーメット」を利用した、身体の拡張技術。
宇宙に出た人類の身体機能障害を補助することを期待して、「ヴァナディース機関」が研究しています。

パーメット

太陽系に存在する鉱石資源から発見された元素。
パーメットとパーメットで情報を共有する性質があるらしく、推進剤などと合わせて使われたりしているそう。
このパーメットを身体に流すことで、「GUND」という技術が活きています。

GUNDフォーマット

GUNDを軍事転用したもの。
モビルスーツとパイロットをGUNDで接続して、システムや武装を制御する事が出来る。
ただし接続した人間への負担がGUNDよりも大きく、多用が出来ません。

アスティカシア高等専門学園

フロント73区にある高等教育機関。
「ベネリットグループ」によって運営されています。
ベネリットグループ傘下の企業による推薦によってでしか入学出来ないみたいです。
「パイロット科」「メカニック科」「経営戦略科」の3つの学科があり、学科と学年によって学籍番号が変わります。
主人公「スレッタ」は、「パイロット科2年」に編入しました。

決闘

アスティカシア学園で行われている、モビルスーツを使った学生同士の私闘です。
お互いに望むモノを賭けて闘います。
相手モビルスーツのブレードアンテナを折った者が勝者。
全ての決闘は、「決闘委員会」という学生に運営されている組織が取り仕切っています。

ホルダー

ホルダーは、決闘の勝者の中でも最も優秀な生徒にのみ与えられる称号。
ホルダーの学生はパイロットスーツや制服が、白を基調としたものになります。
複数の生徒が所有出来るかは分からないんですが、「公式ホームページ」のキャラクター紹介を見てみると、「スレッタ」だけがホルダーのようです。

世界観を知ると、深みが増す

水星の魔女の世界観を知るために、現在の企業や用語をまとめてみました。

ただ毎週の話を観るだけよりも、世界観について知ることで何倍も楽しむ事が出来ます。

機動戦士ガンダムの「宇宙世紀」は、よく後付け設定ばかりだと言われますが、逆にいうとそれだけ世界観が深められているので、知っていく事で沢山の作品同士の相互作用が出てきてより楽しめます。

水星の魔女も、まだまだこれから世界観が深められていくものだと思うので、とても楽しみです。

機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト
ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』2022年10月2日より毎週日曜午後5時~MBS/TBS系全国28局ネットにて放送開始
タイトルとURLをコピーしました