いつも使っているレンズをカッコよくする、クラシックなレンズフード。

カメラ系周辺機材・アクセサリー

僕が普段よく使っている、Canonのレンズがあります。
「RF35mm F1.8 IS STM」という、ズームが出来ないレンズです!

ズームは出来ませんが、そのおかげでとてもコンパクトなので持ち運びしやすいです。
35mmという絵の広さも使いやすいんですよね。

F値もかなり低いので、ボケボケの絵が撮れて楽しいです。

今日はそんなRF35mmに使っている、レンズフードを紹介します!

スポンサーリンク

F-Fotoの「クラシックメタルレンズフード」

僕はこのレンズに、F-Fotoの「クラシックメタルレンズフード」を使っています。

Canonがこのレンズ用に販売しているフードがあるんですが、あんまりフード感が無いんですよね…
レンズフードは、レンズを守ってくれたり、余計な光を防ぐサンバイザーのような役目があります。
だけどそれだけじゃなくて、取り付けるとレンズがカッコ良くなるので好きなんですよ!

何か良いフードは無いかな…と探していた時に、「モノローグ」さんの記事を見つけました。

RF35mmF1.8にメタルレンズフードをつけてみた | mono-logue
RF35mm F1.8 MACRO、自分のEOS Rで今のところ最も使用頻度の高いレンズ。そのレンズフードをキヤノン純正品からサードパーティのメタルフードに替えてみた。 F-Foto クラシックメタルレンズフード スリム...

F-Fotoはカメラアクセサリーを多く作っているメーカーです。
昔風なフードというのは僕にはあまり馴染みが無かったんですが、金属製でクォリティも高そうだったので使ってみることにしました!

RF35mm F1.8に使っているのは、「スリム&ワイド 52mm」のタイプです!

薄型だから取り付けてもゴツくなりすぎない

横から見てみると、フードとしてはとても薄い形をしています。


取り付けはねじ込み式。
レンズプロテクターを付けていても溝があれば、そのままねじ込んで取り付けられます!
使っているレンズプロテクターは「HAKUBA XC-PRO」です。
金属らしい”擦れ音”がします。


RF35mmに取り付けてみるとこんな感じです!
直径はレンズとほぼ同じくらい。
すんごいカッコよくなった。


斜め上からも。
フードにはスリットが空いています。
このスリットがクラシック感あります。多分。


EOSとレンズを合わせてみるとこんな感じに。
元々のレンズの長さより若干伸びつつも、薄型なのでゴツくなりません!

レンズキャップは49mmのモノを買いました。


キャップは49mmのモノを取り付けています。
「RF35mm」は元々52mmのキャップを付けるようになっているんですが、このフードには入りません。
49mmのキャップが使えるようになっているので、フードと一緒に買いました。


このフードには内側の3箇所に溝が掘ってあって、先端の溝には67mmのキャップがつけられます。
Canonのキャップならそのまま取り付けられます!


一番内側の溝が49mm。
カチャンとはめる感じです。
カバンの中で誤って外れることもなくなりました!
すごく良くないですか…?

ケラレも出ず、安心して使えます。

気になるのは実際の撮影。
このスリム&ワイドタイプだと、ちゃんとケラレも防がれています。

かる〜く撮ってみました。


レンズの補正は切った状態で撮りました。
レンズ自体の周辺減光は若干ある感じなんですが、フード自体は写っていません!

RF35mmがカッコ良くなる、クラシックなフード

という感じで、今CanonのRF35mmF1.8に使っている、レンズフードを紹介してみました!
RF35mmF1.8は、フードもつけずに使うのも可愛くて良いと思います。
ですが、ちょっとカッコ良いフードをつけてみたい方はぜひ買ってみてください!!
金属製なので丈夫に出来ています。

スリム&ワイドタイプは広角レンズ用です。
他にも37 / 40.5 / 43 / 49 / 58 / 62mm用のモデルがあります。
他のレンズで使いたい方にもぜひ見てみてほしいフードです!

タイトルとURLをコピーしました