Canon「フォトジュエルS」で、初めてでも高品質なフォトブックを作れた!

ついに、初めて「フォトブック」を作りました。

僕はCanonユーザーなんですが、前から気になっていたCanonのフォトブック作成サービスフォトジュエルSを使ってみました。これがかなり高品質で感動するくらい良かったんですよ!!

スポンサーリンク

PhotoJewel S

僕が今回作ったのは、Honda熊本硬式野球部のフォトブックです。弟が所属してるチームで、去年からたくさん写真を撮らせてもらっています。今回は初めての試みで、今年の勇退選手に向けて、今まで撮っていた分から抜粋して6冊(6名分)のブックを作りました。

こんな感じに出来上がりました!!じゃじゃん!!!

Photojewel s 1

ブックの種類もいろいろ選ぶことが出来ます。僕が選んだのは「21cmスクエア・ハードカバー・フルフラット・20ページ・光沢」です。これを6人の方に1冊ずつ作ったので、それぞれ別の写真を配置して注文しました。

選んだ「フルフラット」は、真ん中が綺麗に開くタイプです。

Photojewel s 2

これは区切り線が出るんですが、区切り線が出ない完全な見開きの「レイフラット」もありました。

こんな感じで見開きに大きく写真を配置することも出来て、かなり迫力が出ます!!

Photojewel s 3

表紙にも写真を設定することが出来ます。僕は今回文字だけにしました。仕上がりはマットな感じです。

Photojewel s 5

手動配置でも簡単に綺麗に作れた

作り方も簡単でした。
まず最初に「フォトジュエルS」のアプリをMacにダウンロード。自分で写真を配置して、それをCanonのページに送信して発注する感じです。

PhotoJewel Sのアプリをダウンロード

写真の配置は自動か手動か選べるんですが、手動でも写真を綺麗に並べて配置出来るようにルーラが出たり、好きなフォントで文字を入れたり出来たので、かなり簡単に自由に作れました!

写真を印刷するって大事だなぁ

今まで写真をちゃんと印刷したことって無かったんですが、やっぱり手に取れるようになると感動しました…
僕が扱ってる写真は自分で色味を調整して、JPGで書き出して保存しているんですが、普通にプリントすると色味が変わって出てきちゃったりするんですよね。これは色方式が「RGB」で作ってるものを「CMYK」で印刷するからみたいですね。難しい。

ただ「フォトジュエルS」で発注したものは、ほぼそのままの色でプリントされてきました!!ここが凄い。光沢なのもあると思うんですが、凄く綺麗!!

「初めて作る方は40%OFF!!」というキャンペーンがあったんですが、デザイン違いのブックは1冊ずつ注文する必要があって、キャンペーンの適用は最初の1冊だけでした。なので5冊分はそのままの価格でした。
そしてお渡しする分しか発注していないので、今はもう僕の手元には残っていません。

今までは試合ごとに撮ったものを全てデータで送っていたので、フォトブックを作ろうと思ったのは完全に自己満足というか、僕がそうしたかったからしたんですよね。なので喜んでもらえるかはちょっと不安だったんですが、その後連絡が繋がってる方はメッセージをくれたり、喜んでくれたりして、作って本当に良かったと思いました。

写真を手に持てることは、かなり意味があることなんだなぁと実感しました。これからも何かあったら印刷もやってみたいですね。

初めてフォトブックを作ったので、相場があんまり分からない僕からすると、ちょっと勇気が要る価格だったんですが…仕上がってみるとものすごく高品質なブックが作れました!
自分に届いた時も感動するくらいだったので、フォトブックを作りたい方におすすめしたいサービスです!!

次は30ページとか、レイフラットとかにして、またクォリティが高いブックを作ってみたくなりました!

高品質フォトブックサービス PhotoJewel S – キヤノン

PhotoJewel S アプリのダウンロードはこちら

タイトルとURLをコピーしました