経年変化が楽しめるMOTHERHOUSEの名刺入れ「アンティークカードケース」旧モデル

僕は名刺入れを必ず持ち歩きます。コロナ禍の前と比べると、使う頻度はかなり少なくなってしまいました。ただ無いと困る時もあるので、持ち歩くようにしています。

父から貰ったバーバリーの名刺入れは、かなり長く使いました。しかし…最近中の生地が劣化してしまったことで、名刺が汚れるようになってしまいました…

外側は黒一色の大人なデザイン、中身はバーバリーらしいチェック柄で、そのギャップが気に入っていました。

新しくするなら何が良いだろうか…と考えていたんですが、ついこないだMOTHERHOUSE大阪本店で「これだ」と選んできたので紹介します。

スポンサーリンク

MOTHERHOUSEのアンティークカードケース

Motherhouse antique cardcase 1

新しく使うことにしたのは、MOTHERHOUSE(マザーハウス)「アンティークカードケース」です。
僕が使っている「アンティークスクエアバックパック」と同じ「アンティークシリーズ」のラインナップです。

このカードケース。実は旧型のものを買いました。

今販売されているものは新型になっていて、これよりも更にミニマルなデザインになっています。

MOTHERHOUSEの店舗では、同じ商品でも革の濃淡などを見比べて選ぶことが出来ます。このカードケースは前から気になっていたので、「大阪本店」で見比べてみようと思って行きました。
すると、旧型と新型が並べられていたんですよ。

新型も綺麗で良かったんですが、僕はこの旧型の方が欲しくなったので、こちらを選びました。

ボタンなどはついていなくて、そのまま開くことが出来るデザインです。開くと、右下に小さく「MOTHERHOUSE」と型押しされています。

Motherhouse antique cardcase 2

旧型の特徴のひとつとして、ポケットが多いというところがあります。まず開いたところに4つ。

そして外側にもひとつあります。

Motherhouse antique cardcase 7

旧型の特徴、その2。
新型はフチにコバ塗りしてあるんですが、僕のものはフチも革で出来ています。

Motherhouse antique cardcase 6

そして旧型の特徴、その3。
こちらのものは全てのポケットの中身が、「アンティークシリーズ」特有の「ルンギー柄」になっているのです!ここが僕の決め手と言っても良いですね。

Motherhouse antique cardcase 3

同じアンティークシリーズのアンティークスクエアバックパックと比べてみるとこんな感じ。カラーも同じアンティークブラウンです。

Motherhouse antique cardcase 4

僕の場合、中のポケットに入れています。

Motherhouse antique cardcase 5

ポケットとのサイズ感もちょうど良くて、同じブランドという感じです。

カバンに入れても、ポケットに入れても。

MOTHERHOUSEのアンティークカードケースのお話でした。

この旧型モデル。長くお店に置いてあったのか、カードケースの革がすごく柔らかくて、かつツヤツヤしていました。
触った時に、その「時間」のようなものを感じ取れたのも選んだ理由かもしれません。

基本的にはカバンに入れているんですが、スーツの時は内ポケットに入れたりして持つこともあります。名刺交換の時に毎回このカードケースを出すと、少しだけ自信が持てるような気がしています。

同じモデルはもうオンラインショップでは買えないんですが、どこかの店舗には残っているかもしれません。僕と同じように気になった方は、ぜひ店舗にも足を運んでみてください。

MOTHERHOUSE アンティークカードケース

タイトルとURLをコピーしました