使いたい時にいつでも翻訳出来るMacアプリ「DeepL」

Macのアプリ

僕がおこなっているハンドフルートのオンラインレッスンには、海外の生徒さんがいらっしゃいます。
定期的にレッスンを受けてくださっている方なんですが、僕は英語が話せないので、チャットで翻訳を交えながら会話をしている感じです。
一度日本語で文章を考え、それを翻訳してから伝えて、という感じになるので時間が掛かってしまうんですが、そんな僕の翻訳しながらのレッスンをいつも助けてくれているアプリを紹介します。

スポンサーリンク

command+C×2回押しで即翻訳出来ます

僕が使っているのはDeepLというアプリ。

パソコンにインストールして使えるので、ZOOMでのチャットでも使うことが出来ます。

Windows版やMac版などがありますが、今回は僕が使っているMac版の話です。

【DeepLをダウンロード

このアプリはメニューバーに常駐させることが出来るアプリで、使いたい時にいつでも使えます。

使い方は、翻訳したい文章をカーソルで選択して、command+Cを2回押し。
commandを押しながらCを2回押すような感じです。
(おそらく最初から設定されているんですが、DeepLの環境設定でショートカットキーをオンにしておく必要があります。)

そうすると自動でアプリのウインドウが開いて、それを翻訳してくれるんですよ!

コピーして、アプリを開いて、ペーストして
という一連の操作が必要ないんですね。

Time is melting away.

というか、スマブラを「Smash Bros.」ってちゃんと略してくれているの、エグいと思いませんか?

翻訳後の文章は、右下の「コピー」を押せば一括でコピーできますので貼りたい放題です。

また英語だけではなくて、様々な国の言葉に翻訳出来ます。

無料版では翻訳できる文字数が制限されているらしいんですが、レッスン時の量では困ったことはありません。

翻訳精度も高く、自然な文法を作ってくれることが多いです。
ただ僕は英語が話せないので、出来上がった文章が「これ合ってるのかな??」とたまに分からない時もあります。笑
その時には日本語の単語や文法を変えて、出来るだけ僕でも分かるレベルの文章になるように調整したりしています。
伝えたいことをちゃんとしたニュアンスで伝えられることが大事なので…!

インストール型のいい翻訳アプリを探している方はぜひ試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました