店主のこだわりを集めた雑貨屋さん。インテリア雑貨・アンティークのセレクトショップ「bobbin」

TRIP

倉敷にある「bobbin(ボビン)」という雑貨屋さんに行きました。
泊まっているホテルがおすすめしていた雑貨屋さんで、店主の加藤富貴子さんが集めた世界各地の様々なモノを販売しています。

インテリア雑貨・アンティーク「bobbin」
(倉敷市阿知3丁目22−8)

OPEN 11:00〜18:00
定休日 水曜日(不定休有)

スポンサーリンク

世界各地のモノたち

僕は雑貨屋さんに行くのはほとんど初めてです。
焼き物や食器などは全く分からないんですが、ここに集められたのは店主の加藤さんが”好きなモノ”だということで、いろいろなこだわりが見れるかも!と思い、やってきました。

ドライフラワーが飾られたお店先から、食器やガラス製品、アンティークな鞄、学校で使っていたような椅子まで置いてあり、目を引きました。

「昔こういう旅行カバン欲しかったなぁ〜」と眺めていました。


店外・店内にはあちこちに照明が付けられていて、とても雰囲気がいいです。
ひとつひとつ形が違うので、じっくり眺めたくなりました。

僕の部屋にも間接照明をつけたいなぁ…
照明って、あるのとないのとでは全然雰囲気が違いますよね。


ドライフラワーも飾られているだけではなくて、小さいものや大きいもの、色々並べられいます。
これもひとつひとつまとめられている花が違うので、選ぶのも悩みました…

ちょっと部屋に置いてみたいんですが、選び方を聞いてみたら飾り方も色々あるんですね。
束ねている紙を取って逆さまにして吊るしたり、一本だけ選んで置いたり。
僕の中のイメージは「ザ・おしゃれな写真によく写っているもの」という感じだったんですが、選ぶ花によって落ち着いていたり大人っぽかったりが変わってきそうです。


窓際にあった大きな瓶。
元々は花瓶としてだけではなく醤油を入れる用途もあったそうです。


ちょっとラムネの瓶みたいですよね。綺麗。
透かして向こう側を見て楽しむのも良さそう…


これは詳しく聞けなかったけれど、どこかの国のもの。


店主さんおすすめ、メキシコのANFORA(アンフォラ)という食器たち。
これはかなり強く丈夫に作られているそうで、食洗機にかけてしまっても大丈夫だそう…

グレーっぽく見えるお皿がちょっと気になりました。

こちらの黒いカトラリーは塗っているのではなく、ステンレスのものをこういう色になるような製法で作られているみたいです。
これ、泊まっているホテルにもありました!
店主さんによると、お店のモノをいくつか選んでホテルでも使ってもらっているそうです。


他にも食器や小物がたくさん置いてありました。

この中から、僕の部屋に置いてみたいモノを、店主さんに色々聞きながら長い時間考えていました。
この考えている時間がとても楽しかったです。

224porcelain(ニーニーヨンポーセリン)
肥前吉田焼のマグカップ

この日僕がひとつだけ選んだモノが、肥前吉田焼のマグカップ。
ひとつ2200yen。

辻 愉(つじ さとし)さんによる肥前吉田焼を使ったプロダクト「224porcelain(ニーニーヨンポーセリン)」のマグカップです。
肥前吉田焼は佐賀県の焼き物で、”特徴が無いのが特徴”というモノだそう。
そこでその自由さを活かしたプロダクトで作られたカップですね。

224porcelainとは


僕が選んだのはターコイズというカラー。
ザラザラとした質感です。

お店に並んでいたものはこのターコイズとディープレッド、そしてマットブラックのモノ。
ターコイズとディープレッドはザラザラなんですが、マットブラックはツルツルした質感でした。
色味だけではなくて質感でも悩みました…

このターコイズは2つ置かれていたんですが、それぞれで微妙に色味が違ったんですよね。
最初に手に取ったものとは違う方のモノにしました。


取っ手の部分も指一本だけを入れるような形。


この絶妙な雰囲気がある色味が凄く良いですよね〜!
単純な緑っぽい感じではなくて、ちょっとだけ明るい色味も見えます。

これでコーヒーとかカフェラテとか飲むのが楽しみだ〜
慎重に家に持って帰らなきゃ…
梱包はプチプチを巻いてもらえました。

224porcelainはオンラインショップもあるようです。

⇨224porcelain オンラインショップ

このマグカップを探してみたんですが、見つけられなかったんですよね〜…
店主の方が独自に手に入れたモノだったのかも。

色々見ていたんですが形はこれで、色と質感はこれな感じです。

ちょっとだけ旅をしたような気分になれた

インテリア雑貨・アンティークの「bobbin」でした。
取り揃えられているのは世界のモノなので、話を伺いながら眺めていると、ちょっとだけ旅をしたような気分になれました。
お店の前は細い路地なんですが、よく車と人が通ります。
5月末以降からこちらで「ラコーヒー」さんと提携してコーヒーも始めるそうです。
写真には撮りきれなかったモノもたくさんあるのでぜひ行ってみてください…!!
店主さんからも、こだわりがたくさん聞けますよ!


インテリア雑貨・アンティーク「bobbin」
(倉敷市阿知3丁目22−8)

OPEN 11:00〜18:00
定休日 水曜日(不定休有)

インスタでもお店のモノの写真を載せられています。

bobbinのInstagram

美観地区の近くにあります。

スポンサーリンク

ブログの更新通知はこちらから!

「LINE公式アカウント」の友達追加をしていただくと
新着記事更新のお知らせをお届けします!

TRIP
シェアしてくれるととても嬉しいです!
monopost – モノポスト –
タイトルとURLをコピーしました