開いているアプリを一斉終了出来るMacアプリ「QaLL」

Macのアプリ

monopostを読んでいただいてありがとうございます!
高山大知(@daichihandfluteです。

今日はMacのアプリを紹介してみたいと思います。

Macで開いているアプリを閉じるとき、左上の赤いボタンを押して閉じることもありますよね。

このLightroomはちゃんと完全に落ちてくれるんですが、中には完全には落ちないアプリもあります。

こんな感じで、Dockに並んでいるアイコンの下に白い点が付いているのを見たことはありませんか?

これは「実はバックグラウンドでまだ開いていますよ」という印なんですね。

アプリを閉じる時「command⌘+Q」を押せば完全にアプリを落とすことも出来るんですが、その日の作業を終えたい時や再起動・シャットダウンしたい時…はたまたウインドウで開いているアプリを「まとめて」落としたい時に便利なのが「QaLL」というアプリです。

スポンサーリンク

アプリを一斉終了!出来るアプリ。

こちらが「QaLL」というアプリです。
さながらブレーカーのスイッチのようだね。

ダウンロードは無料。
QaLL

使い方はとっても簡単!

アプリを開くとこんな画面が出ます。

「終了する」を押せば、今開いているウインドウやバッググラウンドのアプリを一斉に落としてくれます。
また落としたく無いアプリは除外設定をしておくことも出来ます。
僕は特に設定していないので、いつも全てのアプリを落としています。

白い点が消えたのが証拠です(Finderだけは消えません)。

Dockに入れておけばすぐに立ち上げることが出来るのでおすすめです。

Macに最初から搭載されている「オートメーション」で、全てのアプリを終了という動作を組んであげることも出来るんですが、僕はこちらのアプリを使っています。

再起動をしたい時には立ち上がっているアプリが引っかかってしまったりすることもありますし、1日の終わりには全てのアプリを落としたくなりますので、よく使っているアプリです。

Macでアプリを一度に終了させたい方はぜひ試してみてください。

QaLL

タイトルとURLをコピーしました