MOTHERHOUSEの革カバン「アンティークスクエアバックパック」を、5ヶ月使ったツヤとカタチの経過観察。

今回は、僕が使っている革カバンを5ヶ月使った状態を経過レビューしてみたいと思います。

僕が使っているのは、MOTHERHOUSEのアンティークスクエアバックパックという有名なカバンです。
使い始めた経緯などは、別の記事を読んでもらえると嬉しいです。

カッコよさと可愛らしさを両立。こだわって作られた革のカバン。

マザーハウスさんはバングラディシュに工場を置いていて、素材を活かすような製品づくりをしているメーカーさんです。
その中の「アンティークシリーズ」というシリーズの、バックパックタイプのものです。

全面が革で出来ているので手入れが必要だったり、カバンの形が変わらないように気をつけたりしています。

そんな感じで5ヶ月使った状態をレビューします。

スポンサーリンク

僕の使い方

基本的にはオールマイティーに使っています。
仕事にも遊びにも持っていったり、ちょっとそこまで出かける時も持って行ったりします。

手入れとして、ブラッシングはほぼ毎日やっていて、オイルと磨きを月1回やっている感じです。
形を保つ方法としては、長く使わない時にカバンの中に詰め物をして、革の形を作るようにしています。

これらはマザーハウスの本店に行った時に教えてもらったやり方で、それを僕なりのやり方で続けています。

ツヤとカタチの変化

Motherhouse antique backpack 1

ツヤは、買った当初と比べるとあまり変わってないです。
角とか一部にちょっとツヤが増えたような増えてないような、そんな感じです。

これは買った当初の写真。

0M8A0004

もっと時間をかけて使っていくと、少しずつ変わっていくのかもしれないですね。
表面の濃淡は、ちょっとだけ変わったような気もします。

カタチの変化。
カタチの変化が出やすいトップの部分は、ちょっとカーブは付いているんですが、買った当初からはあまり変わっていません。

Motherhouse antique backpack 2

他に一番変わったところは、側面の下部分ですね。
前面のファスナーポケットがある近くのあたり。
入れるモノがあまり良くなかったのか、この側面の部分がちょっと凹んできています。

Motherhouse antique backpack 3

前面部分にも、若干の凹みが。

Motherhouse antique backpack 4

革なので、使い方によってはカタチが大きく変わる部分が出てきてしまいます。
なかなか難しいです。

ちなみに手入れの道具。
本店で買った豚毛のブラシ、いただいた馬毛のブラシ、コロニルのシュプリームクリームデラックスとポリッシングクロス。

Motherhouse antique backpack 5

ブラッシングはいつもやっていて、オイルを塗る前にもやっています。
オイルを塗るのは月1回くらいで、塗り込んだ後にクロスで磨く感じです。

たまに艶出しのために「ラナパー」というオイルを薄く塗ったりすることもあります。

そしてカタチを保つために入れているもの。
使わないタオルや、着なくなったTシャツなどを乱雑に使っています。

Motherhouse antique backpack 6

中身を抜いたカバンの中に、これらをいっぱいいっぱいに詰め、カバンの破損に気をつけながらファスナーを閉じます。

Motherhouse antique backpack 7

そうすることで内側から革を張らせるような状態になります。

Motherhouse antique backpack 9

凹んでいたところもこうしてたまにカタチを作ってあげる感じです。

Motherhouse antique backpack 8

家では棚に置くようにしています。

Motherhouse antique backpack 10

外では、どうしてもカバンを置けない時に、ハンガーなどで吊ったりすることもあるんですが、カバンのカタチを保つためには良くないので、こうして出来るだけ置くようにしています。

でもそういう”どうしても”な場面がたまに来るので、バッグハンガーも保険として持つようにしています。
トイレとか外で困る時があるんですよね。

こんな感じで5ヶ月使った状態を紹介してみました。
僕の使い方でどこまで綺麗に使えるかは分からないんですが、これからも大事にしていきたいです。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました