【第64回JABA岡山大会】二戦目は粘り強さで勝ちを手繰り寄せたHonda熊本 / JR西日本 2 – 3 Honda熊本 in 倉敷市営球場

Photo

4月15日から行われた第64回JABA岡山大会でのHonda熊本の様子を写真でお届け!
今回は二戦目のJR西日本との対戦です。

球場は倉敷市営球場。
この日はカラッと晴れた気持ちいい日になりました。
晴れると写真も綺麗に撮れますね〜!

スポンサーリンク

JR西日本 – Honda熊本 in 倉敷市営球場

この日の試合を勝てるかどうかで、決勝トーナメントに進めるかが大きく変わってきます。
負けてしまった場合、他のチームの勝敗によってHonda熊本がトーナメントに行けるかどうかという感じだったんですね。
なのでなんとしても勝ちたい。
そういった試合でした。

試合前練習


練習中はみんなの写真をパーっと撮って回っていました。
位置によってはフェンスに目一杯寄っても写真の色味に影響されてしまって、難しかったですね。
キャッチボール中も色々撮っていたんですが、位置的にあんまり望遠側に出来なかったのでフェンスがボケず、写真的にはちょっと微妙になりました。


練習中の竹葉くん。
何気なく撮ったんですが、表情に合わせてヘルメットに太陽が反射したこともあって、なんか良い感じになりました。笑


練習中の軽いノックシーン。
やっぱ朝の光って凄い良いですよね。
すごく綺麗に撮れる…
写真は和田さん。


そして練習後。
みんなで集まって気合いを込めるシーンです。

試合開始

10時から試合開始です。
この日の先発は片山さん。


片山さんが投げた後の流れが結構好きなんですよね。


ベンチに居る選手たちも、ずーっと声を出しているのがとても良いです。
最初だけではなくて試合の最後までこのような感じなんですが、それって気持ちを切らさないためにとても大事なことだと思うんですよね。
なので試合中も、ベンチの面々の表情も撮っていきたいですね。


送球が少し外れてしまったシーン。

JR西日本は2回の表に1点を先制。
やっぱり先制点を取ったチームというのは流れを掴みやすいですね。

Honda熊本も攻めていきますが、この日はなかなか得点に繋がらず、緊迫したシーンが続きました。


その後は相手に得点を許さず、着実に抑えていきました。

内野の守備シーンは、打球の行方を見た後にカメラを向けて撮っています。
状況によって次に何が起こるか、どんなシーンを撮れるかを予測して撮る必要があると思います。
僕は撮る時にファインダーを覗いて撮りたいんですが、ピッチャーの表情だけに集中している時はなかなか守備シーンは撮れないんですよね〜
ファインダーを覗いていると、打球の行方が分からないんですよ。
一脚・三脚を使っているともっと撮りやすいのかもしれないんですが、僕の撮り方だとある程度予測をしておいて狙う撮り方になります。
なので守備のシーンを撮りたい時には、まず打球の行方に集中しておいて、一瞬で向けて撮る感じです。


フライに関しては、撮るのはもっと簡単です。
打球を見落としても選手たちの動きを見れば大体どこに落ちていくかが分かるからです。
なのでこういう時にはちょっとだけ構図にも意識を割けます!


その後も攻撃を続けていくんですが、やっぱりなかなか得点になりません…

抑えることができているうちはいいと思うんですが、やっぱり点を入れた方がピッチャーも助かりますし、バッター陣もはやく点を取りたいはず。
プレイ中は色んな感情がせめぎ合ってそうですね。


この大会で僕が印象に残ったことのひとつが、ベンチから飛んでくる声ですね。
例えば石井さんの打席。
ベンチからよく聞こえたのが「あんた9番におったんか〜!!!」という声です。笑
これは「良いバッターなのになぜ打順が9番なんだ!?」という意味があると思います。
みんな良いバッターなんですが、あえてそういう声が飛ぶのがめっちゃ面白かったです。笑

この声は1回だけじゃなくて、回を重ねるごとにおもむろに飛ぶようになりました。笑
「えっちょっと待って、ちょっと待って…あんた9番におったんか〜!!!」
というように、周りに聞かせるために言ってる場面もあって印象に残りましたよ。笑


その石井さんはこの試合、守備でも貢献。


スタイリッシュ守備。
強そう。


川嶋さんのバントシーン。
これはファールになってしまった時なんですが、体勢を崩して地面にぺたーん。

この最後の体勢が3秒ぐらい続くのが面白いんですよね…!笑
そうなってしまうのか、あえてそのまま倒れたままになっているのか、理由が知りたい…!

稲垣さんのバント成功シーン。
すげぇ嬉しそうなので、見ていてこちらも嬉しくなってきます…!

その後もヒットがあったり進塁があったりはするんですが、なかなか点が入りませんでした…


片山さんも本当によく抑えていますが、やっぱり精神的にはなかなかのものがありそうです…


だけどみんな気持ちは切れてなくて、シーンとならないんですよね。
悔しい表情もあれば、笑顔もあります。

ですがその気持ちの切れなさが、得点に繋がるんですよね。

7回裏、ついに得点が…!

7回裏、丸山さんのヒットが出ます。


そして石井さんの代打で出た小泉くんの打席。
これも大きいヒットになり、2アウト二・三塁!

いや〜〜〜!!
この時の小泉くんのガッツポーズが撮れなかったのが本当に悔しかった…
本当に腕を上げなければ…

次の山本卓弥くんはフォアボールで出塁し、満塁…
そして2番の中島さんが打ったことで、ついにHonda熊本に得点が入りました!!!

一気に2点が入り、逆転します。
しかしこれだけでは勝てないのが野球…!!!
8回の表にはJR西日本が1点を返し、同点になってしまいます。

本当に難しいなぁ…と思います。
泣きそうになりながら見ていたんですが、これで終わらないのがHonda熊本。

次の8回裏には川嶋さんと宮川さんのヒットが出ます。

これで1アウト1・2塁。
その後の丸山さんの打席ではかなりの粘り打ちが続きました。
それで3塁のゴロになってしまい、宮川さんがアウトだったんですが…
その2塁から1塁への送球が外れたことで2塁にいた川嶋さんがなんとホームへ生還…!!

僕は撮りながらよく状況が分かっていませんでしたが笑
これでHonda熊本の得点が3点になったわけです!

最終回、抑えれば勝ちという場面

9回表。
この回を抑え切れば勝ちという場面、片山さんから福田さんに交代。

ひとり目は三振を取ることが出来、試合終了が近づいてきて気持ちも昂ってきます。

ふたり目はショート稲垣さんのファインプレーでアウトに打ち取ります…!!


ズザーッ!


ピッチャーとしては得点が入ったり、きちんと打ち取ることが出来たり、ファインプレーが飛び出したりすると、かなり気持ちが楽になると思うんですよね…!!
行ける…!!

3人目は、決まった!!と思うシーンでフォアボールになってしまい、2アウト1塁。

ですが4人目から空振り三振を取ったことで、試合終了!!

僕も決まったシーンを撮りたくて、ずっと福田さんを追っかけて連写してました。


試合が終わった時はすごくスカッとしますね!
詰まっていた息を一気に流すことが出来るような。


本当に勝ててよかったです!!

という感じで、2試合目のJR西日本戦は、2-3でHonda熊本が勝ちました。

この試合に勝ったことで決勝トーナメントへの出場が決まりました。
この時点でのHonda熊本は3勝0敗2失点という戦績になっていて、全チーム中1位通過になっていました。
実力ももちろんですが、気持ちを切らさないことで手繰り寄せることが出来た勝ちでした。

次は準決勝 トヨタ自動車との対戦をお届けします!
お楽しみに!!

タイトルとURLをコピーしました