持ち歩くバッテリーは、高出力でなおかつ小さくて軽いモノを。

GADGET

monopostを読んでいただいてありがとうございます!
高山大知(@daichihandfluteです。

みなさんはいつも必ず持ち歩くモノはありますか?
僕はガジェット類を持ち歩いている時に一緒にしておきたいモノのひとつがモバイルバッテリー。

モバイルバッテリーって、何かあった時のために容量が大きいモノを選びたいと思うんですが、容量が大きくなればなるほどモノ自体も大きく重くなるのがネック。

前は容量が大きい方がいいかなと思って、Ankerから出ている20000mAhのモノを使っていたんですが、いつも持ち歩くモノは軽い方がいいなと思うように。
そこで使い始めたのが「CIO SMARTCOBY Pro 30w」というモノ。容量は10000mAh。
記事を書いたガジェットポーチの中に入れているモノです。

持ち運ぶガジェット系小物は「ポーチ」にまとめてしまおう。

スポンサーリンク

この容量と出力で持ち運びが苦にならないバッテリー

驚きなのがこの大きさで10000mAhの容量と30wの出力を秘めていること。重さは183gで、最初に持った時は若干質量を感じたんですが、それでも他のモノと比べてみると、この容量と出力でこの重さのモノはほぼ無いんですね。そもそも10000mAhで30wの出力が出来るモノがありません。

端子はUSB-CとUSB-Aがひとつずつあり、本体を充電しながらデバイスも充電できるパススルー充電にも対応しています。

上部には窓がついていて、残容量を%表記で教えてくれます。ボタンを押せば点く仕組み。
本体はマットで手触りなめらかな感じです!

iPhoneの充電サクサク。M1 MacBookAirも充電できる。

出力は30wまで出せるので、僕が使っているM1チップのMacBookAirも充電が出来ます。容量は心もとないのであくまで予備という使い方なんですが、それでもiPhoneやiPad miniを充電するには十分な容量と速度です。
ただ、MacBookAirも充電出来るって素晴らしいと思います。
M1チップの13インチMacBookAirは充電に30wの出力が必要なんですが、このバッテリーは30w出力に対応しているので充電が出来てしまうんですね。


M1 MacBookAirはそもそもバッテリーの減りが少ないので出番は少ないんですが、充電せずに1日使い続けていると、作業内容次第では外出時にたまに必要になる時があり、いざという時にあると助かるバッテリーなんですね。

60w出力まで対応したUSB-Cのケーブルが付属しているんですが、僕は「Anker PowerLineFrowⅢの絡まないケーブル」のUSB-C to USB-Cを使っていて、ポーチに一緒に入れています。

iPhoneはLightning端子が必要なので、アダプターを噛ませて充電しています(笑)
この使い方は大丈夫なのか気になるところなんですが、ケーブルは多くなると嫌なのでポーチに入れているUSB-Cのケーブルはこれだけ。このあたりもっと突き詰めていきたいな。Lightningは好きなんだけどね、確かにケーブルを一本化出来たらいいよね…

このケーブルは柔らかさがあって絡まらず、こちらもマットでなめらかな手触りで、触っていて気持ちいいです。不思議な感じ。
本体もケーブルもマットなので、合っているのかも。
色は黒を選べば良かったかな…?

普段持ち歩くバッテリーならこれ。

CIOから出ているSMARTCOBY Pro 30wについて書いてみました。

僕がこれを選んでいる1番の理由は、普段持ち歩くなら10000mAhくらいあればいいかなと思っていること。
それに付随して、(出番は少ないんだけれども)MacBook Airも充電出来る30wの出力があってなおかつ軽量だということが、他のバッテリーにはなくて良いなということです。
マットでロゴも主張せず、デザインもシンプルなので見た目も気に入っています。おしゃれなガジェットという印象です。
「CIO」のロゴがそもそもいいですよね。デジタル表記っぽい見た目に、上手く噛み合ったデザインになっていていいなと思っています。

このバッテリーを見ていると、これから技術が進歩していけば、更に軽量で薄くなったり小さくなったりするバッテリーが現れるのかなと楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました