読んでもらえるタイトルを付けるのはなかなか難しい

ブログを書き始めて、毎回悩んで時間がかかっているのがタイトルです。
しかも時間がかかった割にはあまりしっくりくるタイトルをつけられていないんですね。

わかったブログのかん吉さんの著書「人気ブログの作り方」に影響されて、出来るだけたくさんの人に読んでもらえるタイトルをつけられるように毎回考えているんですが、なかなか上手くいかないですね。

SNSでも記事一覧でも、ファン以外の多くの人は「自分に関係あるかも」と思ったタイトルを見て記事を開くと思います。
せっかく書いたなら、多くの人に読んでもらいたい。
そのためにはやっぱりタイトルが重要なのです。

モノを紹介しても、モノの名前だけのタイトルだと、それがどんな内容か分からない。多くの人は「これは自分には関係なさそうだ…」と思って開かないと思います。大事なのはそのモノがあることで、そのモノを使うことで自分の生活や仕事がどう変わるか。
それを想像してもらえるタイトルを付けられると良いということが「人気ブログの作り方」には書いてあります。
そしてそのモノを選んだのは自分なので、自分の生活がどう変わったか、何が良いと思っているのかが記事で伝えられるように書けるといいと思うんですが、なかなか小手先では上手くいかないみたいです。

記事や動画を作るためだけにモノを買うとなってくるのはあんまり良くないと思うんですが、自分の普段の生活を見直して、そこで得た体験や考えを記事を通して伝えられるようになると、タイトルも上手くつけられるようになるのかなぁ?というのが今思っているところですね。

文としても上手くまとめられないんですが、たくさん書いて、伝えたいことをタイトルと記事内容合わせて表現できるようになると良いですね。笑

人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術
Amazon.co.jp: 人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術 eBook : かん吉: 本

タイトルとURLをコピーしました