新型iPhone14、iPhone14Proの新機能と特徴をピックアップ!

Apple

9月8日のAppleイベントで発表された、新型iPhoneの新機能や特徴、共通の機能をまとめてみます!

スポンサーリンク

iPhone 14、iPhone 14 Plis

まず通常モデルは2機種。
6.1インチのiPhone 14と、6.7インチのiPhone 14 Plusです!
大きいサイズはMaxという名前になるという噂もありましたが、「Plus」という名前になりました!
以前までのiPhoneの6s Plusなどについていた名前が復活した感じですね。

カラーは
ミッドナイト、ブルー、スターライト、パープル、PRODUCTレッドの5色展開です。

チップはiPhone13と同じA15 Bionicチップのようです。
ストレージは128、256、512GBから選ぶことが出来ます!
サイズは
iPhone 14が高さ146.7×幅71.5×厚さ7.80mm。重さは172gです。
iPhone 14 Plusは高さ160.8×幅78.1×厚さ7.80mm。重さは203gです。
今まで通り、カメラは26mmのメインカメラと13mmの超広角カメラの2眼です!

価格は、iPhone 14が119,800円から。
iPhone 14 Plusが134,800円から。

どちらも9月9日の21時から予約開始です!
iPhone 14は16日発売、14 Plusは少し遅くなって10月7日発売です!

iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Max

上位モデルのProは今年も2機種!

6.1インチのiPhone 14 Proと、6.7インチのiPhone 14 Pro Maxです。

カラーは
スペースブラック、シルバー、ゴールド、新色のディープパープルの4色展開です!

ProモデルはA16 Bionicという4ナノメートルの新しいチップが使われています。
ストレージは128、256、512、1TBまで選択可能。
サイズは
iPhone 14 Proが高さ147.5×幅71.5×厚さ7.85mm。重さは206gです。
iPhone 14 Pro Maxは高さ160.7×幅77.6×厚さ7.85mm。重さは240gです。

簡単に特徴をまとめると…

画面上部のカメラユニットが小型化されて、パンチホールデザインになりました!
これは「Dynamic Island(ダイナミックアイランド)」という呼び名がついていて、通知などに合わせてアニメーションするようになっています!

通常はパンチホールのままの形なんですが、ソフトウェアとリンクすることで、あたかも広がったり縮んだりするように見えるものになっているんです。

例えば音楽再生や通知、Airdrop、AirPodsの接続、タイマーやFace ID、マップで曲がる時が来たら教えてくれる機能などなどなど…
動きや機能も今までにない新しいものなんですが、使い方によってはとても面白いものになると思います!

そして、Proモデルのみ画面が常時表示出来るディスプレイになりました。
これはApple Watchでも搭載されている機能で、例えば時計が表示されたままになるんですね。
画面をいちいちタップしたりしなくても、パッと目をやるだけで時間が確認できるようになるわけです。
画面の動きを最小1ヘルツまで落とすことが可能になったらしく、壁紙を暗くしたりしておくことで、バッテリーの消費を抑えたまま実現しているみたいです。
机の上に置いている時などにいつでも時間が見れて良さそうですね。
iOS16の新機能であるウィジェットも活かせると、ストレスがない使い方が出来そうです!

画面の最大輝度も2000ニトになっていて、かなり晴れた外でもかなり見やすくなっています。

また、Proモデルはメインカメラの画素数が4800万画素になりました!
これは単に画素数が増えただけではありません。
4つのピクセルを1つのピクセルとして使うことで、今までよりも更に綺麗な1200万画素のセンサーとしても使えるようです。
光を取り込む力は向上しているので、超広角レンズでは最大3倍の性能アップだそうです!

価格は
iPhone 14 Proが149,800円から。
iPhone 14 Pro Maxが164,800円からです!

Proモデルの場合、どちらも9日の21時から予約開始、16日発売です!

共通の機能

今回も共通の機能があるのでまとめておきます!

バッテリーは1日持つバッテリーになったとアナウンスされています。
iPhone14では最大20時間のビデオ再生、iPhone14Plusでは最大26時間のビデオ再生。
上位モデルのiPhone14Proでは最大23時間のビデオ再生、iPhone14ProMaxでは最大29時間のビデオ再生を続けられるそうです。

動画撮影では新機能アクションモードが搭載。
オンにすることで、より強力な手ぶれ補正を効かせた動画撮影が可能です!


今回のiPhoneから、衝突事故検出が出来るようになりました。

新型Apple Watchでも搭載される機能なんですが、より高度なモーションセンサーによって、動きと音によって車での事故を検出出来ます。
そうなることで、身動きが取れなくなった場合に緊急SOSを発信出来るように。
家族や身内など「緊急連絡先」をあらかじめ設定しておきましょう。

そして、衛星経由の緊急SOSも搭載されます。
これは、電波がない場所(山や奥地、基地局が近くに無い場所など)で遭難した際に助けを呼べるようになる機能です。

地球の周りを回っている衛星にiPhone自体から通信をすることでSOSを呼べます。
通信するには、衛星にiPhoneを正確に向けることが必要なようで、それをサポートする機能が搭載された専用のアプリも開発。
現在の状況、状態に合わせてすぐに助けが呼べるように、選択肢をタップして連絡が済むようにもなっているようです。
また、この衛星通信を利用して家族に位置を伝えることも出来るそうです!

この衛星経由の緊急SOSは、まずはアメリカとカナダでのみ利用可能です。
サブスクリプションなんですが、iPhone 14 Proを購入すると2年間無料になるそうです。

そして物理SIMが必要なくなってきたことで、アメリカで販売されるモデルではSIMトレイがありません。見た目もより美しくなるんですが、材料などが削減できて、コストダウン出来るそうですね!

明日から予約開始

新型iPhoneは9日の21時から予約開始です。

Proモデルに搭載されるパンチホールのアニメーションが面白いなと思います!
衛星通信の機能もすごいですよね。
衝突事故検出の機能も合わせて、持っているだけで自分たちの身を守れる機会が増えるということですからね。
正直事故などには合わないに越したことはないと思いますが、これはあるととても心強い機能だと思います…

みなさんは新型iPhone、欲しいですか?

iPhone 14とiPhone 14 Plus
iPhone 14とiPhone 14 Plus。6.1インチと6.7インチのサイズ。余裕たっぷりのバッテリー。衝突事故検出。暗い場所でも感動的な写真を撮影できる機能。5つのカラー。
iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Max
iPhone 14 Pro。 新登場のDynamic Island。衝突事故検出。最大4倍の解像度で撮れる48MPカメラ。A16 Bionicチップ。4つのカラー。

今回のAppleイベントで発表された製品まとめ

タイトルとURLをコピーしました