”置く充電”ってちょっと良いかも…

iPhoneアクセサリー

ワイヤレス充電って使っていますか?

僕が使っているiPhone12miniは、背面にマグネットが入っています。
対応したワイヤレス充電器だと、マグネットで軽く固定されるようになっているんです。

ですが僕今まで、ワイヤレス充電ってあんまり興味が湧かなかったんですよね…

充電のシステムを組もうと思って「ワイヤレス充電パッド」をいろいろ探してみたことはあるんですけれど、優先度が低くて結局ケーブル充電のままだったんです。

スポンサーリンク

ケーブルを毎回繋がずに、置くだけで充電出来るのが良い


この間親戚から、ワイヤレス充電パッドを借りました。
iPhoneとApple Watchとワイヤレス充電対応のイヤホンが充電できるタイプです。

電源はUSB-Cで取るようになっていて、テーブルの上に平置きしておくような形をしています。

今日試しにiPhoneとApple Watchを充電パッドに置いてみたんですが、結構良いかもしれない…と思いました。一度試しにでも使ってみると、考え方って変わるんですね。

充電する時に、パッドの置くだけというところが良いですよね。
なんだかケーブルを繋ぐよりも楽しさがあります。

ケーブルで充電する時は、充電しながらiPhoneを自由に使えます。
パッドの場合は置いておかないといけないので、充電中は使えません。

その”充電中に使えない”というところがワイヤレス充電の苦手な部分だったんですが…

置くだけ充電だと「ケーブルをiPhoneに繋ぐ」という動作が無くなるんですよね。
そこが結構良い。

充電速度はまだよく分からないんですが、MacしたりiPadしたりしてiPhoneを使わない時にはそこに置いておけば良いんですよね。


ただワイヤレス充電パッドって、その場所に固定になってしまうんですよね。
僕の場合、寝るところの近くに充電を置いておきたいんですよね。枕元とか。
そうするとケーブルを伸ばす方がやっぱり使いやすかったりするんですよね〜…
寝る時にはいつも枕元で音楽を流して寝ているし、パッドになってしまうとそれがちょっとやりづらいですよね。

うーん。


まだ部屋作りの途中なので、あんまり配線がちゃんと出来ていないのも、なかなか進まない要因です。
電源タップも床に置いていて、ケーブルが常に床に散っている状態です…笑
部屋の家具に合わせて配線をしていきたいと思うんですが、充電パッドももうちょっと考えてみようかなぁ…と思いました。

タイトルとURLをコピーしました