「M1 MacBook Air」から、「M2 MacBook Air」に乗り換える必要はあるか…?!

Mac

今日のWWDCで「M2 MacBook Air」が発表されました。

簡単な発表内容はこちらを読んでもらえると嬉しいです!

僕は去年の5月から”M1”のMacBook Airを使っているんですが、”M2”MacBook Airに乗り換えるかどうかを考えてみました!

スポンサーリンク

M1モデルからパワーアップしたところ

M1モデルと比べて、M2 MacBook Airが良くなった部分はこんな感じ

  • チップがM1⇨M2なり、処理性能アップ
  • GPUコアが8コア⇨10コア積めるように
  • 電力効率アップ
  • MacBook Proのような新デザインになった
  • 基本的には薄くなり、0.05kg軽くなった
  • 新色「ミッドナイト」が追加
  • 今までのUSB-C端子に加えて、MagSafe充電端子が追加された
  • 13.3インチから13.6インチに広がった
  • 画面の最大輝度が500ニトにアップ
  • インカメラが720p⇨1080pに改善
  • スピーカーが新しくなり、数も4つに増えた

という感じですね!

これだけ見るとすごい進化なんですが、M1モデルでも十分な性能があります。
そして円安の影響で、M2モデルは値上がりしているんですよね…(ちなみにM1モデルも)
人によって選ぶ基準が違うと思うんですが、僕が魅力を感じる部分は果たしてどこなのか…

どの部分にお金を払うか…

僕が今使っているM1モデルと比べてみて、どこが大幅に変わるかを見てみます。
やっぱり自分の使い方で恩恵を感じられる事にお金を使った方がいいですからね。

僕のM1 MacBook Airは

8コアCPU 8コアGPU
16GBユニファイドメモリ
512GB SSDストレージ

です。

僕のMacBookの使い方は

  • 家の中でも持ち運び、カバンに入れて外にも持ち出す
  • ブログを書く
  • 動画を編集する
  • 写真を編集する
  • 1日の予定ややるべきことを考える・メモを書く

という感じです。

家の中だけではなくて外にも持ち出すので、出来れば軽い方がいいです。
ブログを書くにはキーボードが必要なので、打ち心地が変わっていると嬉しいけれど、そこの変更点は無し。
動画に関しては今のところ少なくなっていますが、多い時は毎日編集していたので性能が良くなると嬉しいですね。
写真は重たいRAWデータをいじるわけではない(20〜30MBくらい)けれど、多い時は何百何千の枚数を編集しています。

不満というか、困っていることがあるとすれば、重さとストレージ容量ですね。
カバンにはカメラも入れるので、一緒に入れたMacを重たく感じてしまうこともあります。
ストレージは512GBのモデルなので、ちょっとカツカツ気味なこともしばしば…
大部分のファイルはGoogleドライブのファイルストリームに入れています。
ですが、一時的に大きいファイルを扱う時には本体に入れているので、使ったらその都度消してから新しいファイルを入れているんですよね。
なのでストレージ容量は増やしたいなと思っているトコロ…


M2 MacBook Airの変わったところで、特に気になるところはこのあたり。

  • 写真・動画処理性能
  • 電力効率
  • 新デザイン
  • 薄さと重量
  • 画面の大きさと輝度
  • MagSafe充電端子
  • スピーカー

写真・動画処理性能

M2チップに変わった事で、写真と動画編集アプリの処理性能も上がっているそう。
動画はFINAL CUT PROを使っているんですが、たま〜に固まってしまうくらいで処理の速さは今もそんなに気になってません!
ただ、前は4K動画を編集する事が少なかったので、4K動画編集が増えれば恩恵はありそう…

写真編集はLightroom Classicを使っています。
スナップとか物撮りもあるんですが、一番多いのは野球の写真ですね。
取り込む時は3000〜くらい取り込んで、それを100〜くらいに選んでから、プリセットをかけて補正をしていっています。
処理速度に不満はないんですが、バッテリーがすんごい減るんですよね…

普通に作業しているだけだとかなりバッテリーが保つMacBookなんですが、写真に関してはすぐバッテリーがなくなります。
アプリの効率もあるかもしれないんですが、ここがどれくらい改善されているかは気になりますね…

電力効率

普段の作業…例えば予定を組んだりブログを書いている時はすごいバッテリー保ちを発揮します。
持ち出す時にも、カバンの中に電源アダプターを入れなくて良いくらいです!

だけど上で書いたように、写真の編集時にすごくバッテリーが減るので、電力効率が上がるのは歓迎です…!!

新デザイン

今の、先端に向かって薄くなっていくデザインも好きなんですが、新デザインも気になりますね〜
新鮮さもあるし、”新しい時代のMac感”があって良いかもしれません。

僕はスペースグレイが好きなんですが、新色のミッドナイトもカッコよくて気になりますね。

薄さと重量

M2モデルはフラットなデザインになり、全体の厚みが1.13cmになりました。
M1モデルでは一番厚いところが1.61cmだったので、ちょっとだけ薄型化に成功している…と言えそうです。
薄いのってカッコいいですよね。
持ち出すときにもカバンが膨れなくて良いし。

重さは1.29kgだったのが1.24kgになっているんですが、あんまり体感出来る差では無さそうですよね…
重たくはなっていないので、持ち出しは今までと同じような感覚と思えば良さそうですね。

画面の大きさと輝度

M2モデルは13.3インチから13.6インチに広がりました!
僕は目があんまり良くないので、画面が大きいのはありがたいです!
筐体の大きさはほとんど変わっておらず、画面の枠が少しだけ細くなっているとか。
実際に見比べてみないと分からないと思うんですが、大きく変わっていると感じるならば良さそうです。

それよりも、輝度。画面の明るさですね。僕はこれが凄く嬉しいです!
M1モデルでは400ニトだったのが、M2モデルでは500ニトに。

この間球場にMacBookを持ち出して写真を編集していたんですが、一番明るくしていても全然画面が見えなかったんですよ。
背中を丸めて画面に顔を近づけ、なんとか目を凝らして見ていました。
それでも、写真の選別は出来ても色味の編集は無理でしたね…

画面の最大輝度が変わると、外で編集をする時にも見えやすくなりそうなのでありがたいです!!
ただ100ニトってどれくらい違うんだろう…という疑問はまだありますね。

MagSafe充電端子

僕はあっても無くても良いんですが、あるとあるでありがたいかもしれないです。

利点としては、USB-C端子が空くので、他にも何か差せるところ。
それから、もしケーブルに引っ掛けたりしても外れてくれるので、安全そうだというところ。

気になるのは、旅行で持ち出すケーブルがひとつ増えることですね…
今まではひとつのUSB-CケーブルをMacに繋いだり、カメラに繋いだり、モバイルバッテリーを充電したりと使えていたんですが、それに加えてMagSafeケーブルも持ち出さないといけなくなるんですよね。

カチッと充電出来る気持ちよさは楽しそうだけれど、良いところもあれば気になるところもあるという感じですね。

スピーカー

僕はイヤホンも使いますが、スピーカーもよく使います。

部屋にBGMを流したり、咄嗟の動画編集ではそのままスピーカーを使ったりします。
外ではイヤホンを使うこともあると思うんですが、部屋ではイヤホンを使うのが面倒なこともありますしね〜

Intelの16インチMacBook Proは、素晴らしいスピーカー性能でした。
M1モデルに変えた時には「まぁまぁまぁ…こんな感じか」という印象のスピーカーになってしまったんですが、この音が今よりも良くなるならば嬉しいですね…!!

買うか否か…

僕がM2Airに変えたら、確かに恩恵を得られる部分もあるとは思うんですが、正直悩ましいところですね〜…

新しモノ好きなので使いたい気持ちもあるんですが、よくよく見てみるとそんなに変わらない気もする…

単純にMacを新しく出来るので、新たにストレージを1TB以上に変えられたりは出来ますが…
あとは外での写真編集や、細かい部分での処理性能くらいでしょうか…

細かい部分では良くなっているので、小さなストレスは無くなるかもしれません。
ですが今使っているモデルと比べてだいぶ値上がりしてしまっているので、その微妙な差にお金を使うかどうかが凄く悩ましいですね〜…

みなさんはどうですか?
M1 MacBook Airを使っている方の意見も見てみたいです!


タイトルとURLをコピーしました